紫外線

大学の時に医学部の女子大のワンダーフォーゲル部と一緒に山に行く機会があった。
世界三大北壁を最初に登頂した○井みちこさんの母校である。
その時に思ったこと。。。ご飯粒の量が少ない。おかずも少ない。ときぼんには足りない~
デザートが絶対ある!!でした。山でデザートなんて!女の子ならではである。
ときぼんの大学は女子のWV部員はとても少なかったので下級生のときに、
食べた後に、残ったご飯とおかずを下級生で食べるのがとても辛かった。
自分が食当になったときに米1人200グラムから180に減らしたくらいつらかった。
あと彼女たちと北海道の夏合宿の時にあった時にまたまたたまげた。
カールおじさんみたいな帽子、厚化粧、暑いのに長袖だったのである!
そこまでして山に登るか?と真っ黒なときぼんは思った。
その当時は紫外線の害っていうのは今ほど言われてなくって、
子供は黒い方が元気!って時代だった。
そこまでするか!って思っていたけど彼女達が正しかったのである。
大学時代と違って日に当らないようにしていたときぼんだが、
スキースノーボードはまだ防御できる。
ダイビング、ランニングはとても注意していないと焼けてしまうのである。
ときぼんさんはメラニンが元気だから~~といわれる。
日焼け止めを塗っていても綺麗に焼けてしまう私って。。。
厚化粧べったりしないとこの生活を続けていれば焼けてしまうのね。
厚化粧。。。皮膚呼吸できないのでなかなか。。。
焼けないようにするには早く走ることだよってキヨぼんが言う。
うーん、練習しないと早くならいんだよねこれが。。。
by tokibonkiyobon | 2006-06-10 22:08 | 雑事日常

水中デジカメ写真


by tokibonkiyobon
プロフィールを見る