赤岳鉱泉から硫黄岳→横岳→赤岳→キレット小屋

岩場の連続なので雪のシーズンは危険なルートです。
今年は雪が少ないので通れるかな?
と思って行こうと思いました。

赤岳鉱泉から硫黄岳へ
雪の踏み跡をたどっていたらときぼんミスコース
ハイマツの中に突入。ごめんよ踏んじゃって。

ピークに手前の分岐(にはたくさんの人がいた。
きよぼんが半そでだったのでびっくりしてこっちを見ていた。
ときぼんも半そでにアームカバー、
普段の奥多摩にいる格好と一緒です。

硫黄岳です。ガレガレしただだっぴろいピークです。
ガスが出たら迷いそう。
d0034291_11105880.jpg


これから向かう先です。
あまり雪は着いていなそうです。
d0034291_11115098.jpg


赤岳から阿弥陀岳方面です。
遠くの南アルプスは雪が多そうですね。
d0034291_1245323.jpg


いつもはここから向かう天狗岳方面です。
こっちも雪が全然ありません。
d0034291_11122943.jpg


雪が全然なさそうなので、アイゼンどうしょうか・・・
と思いながら下ろうかな?
と思ったら、

硫黄岳山荘に泊まっていた人に
「横岳の手前の奥の院までアイゼンはいりませんでしたよ」

と教えてもらってアイゼンをはずす。
そのときときぼんはあれ?なんか変?
と思ったが深く確認せず・・・

先に進んでアイゼンをつけようと思ったら・・・
・・・アイゼンのねじがなくなっていて、
恐怖の地帯をアイゼンなしで行くこととなってしまった。

d0034291_11203446.jpg


あの赤岳を目指します。
d0034291_11205493.jpg


岩は大丈夫。でも雪のくだりのトラバース(下は谷)
それが怖かったです・・・
ほんと怖かった・・・・

赤岳展望荘で聞いたところアイゼンのねじはないが、
アイゼンはあるとのこと。
降りるにもアイゼンは必要だし・・・
定価だし・・・とモンベルの6本爪のアイゼンを購入。
以前モンベルの店でトレランシューズにも装着できることを確認済みのものだった。

休憩時間を含めてコースタイムで進んできていた。
だから行者小屋に1時間半降りる道よりも
予定通り、キレット小屋に1時間半進むこととした。

赤岳頂上で、
小淵沢から編笠岳→青年小屋→権現岳経由で赤岳まで来た方に会った。
かなりつらいルートだったそうだ。

d0034291_1128059.jpg


ここから下って中岳へ行く分岐をまっすぐすすむ。
真教寺尾根との分岐をまっすぐ進む。

もろい瓦礫の岩に雪が着いていて
ルートがわかりづらい。
下から団体さんがあがってくる。
天女山から三つ頭、権現岳経由で上がってきたそうだ。
かなりきつかったそうだ。

赤岳頂上小屋泊まりだそうだ。
ここをひと登りがんばれば赤岳頂上小屋ですよ~~

どこに泊まるの?
キレット小屋は稜線より少し下にあるから注意してネ
と、教わる。

もう少しでキレット小屋という所で、きよぼんが
岩でスリップ!
ストックを持っていたので左の肩が外れてしまった。

一生懸命はめようとしたが、あせればあせるほど入らない。
あまりにも痛いので折れてるかも!
と言い出した。

だんだん日も暮れて寒くなってきたので、防寒をきちんとして
自分の荷物を持って先に進む。
テントが張れそうなところを見つけ、少し手前に荷物を置いた。

このあたりにキレット小屋があるみたいだけど、わからない。
とにかく寝るところを確保しないと。

きよぼんの所に戻ってきよぼんの荷物を持って移動する。
腕がかなり痛いらしく歩くのも段差もかなりつらいらしい。
やっとこテントが張れそうな場所まで。
そうしたらその木の中にキレット小屋があった。

そこまで降りるのも辛そうだったがどうしても移動してもらわないと

またあがって自分の荷物を持ってテン場に戻る。

きよぼんにフリース、ダウンを着てもらい、
ブランディーを飲んでくつろいでいてもらう。

ときぼんはテントを設営して水を確保して
温かい飲み物を作って飲んでもらった。
どうしよう・・・入らなかったら歩けないし・・・
携帯通じないし・・・
また水を取りに行って帰ろうとすると
きよぼんがニコニコしてやってきた。

やった~~入った~~~
d0034291_1229742.jpg


よかったよかった。
温かくなって緊張がゆるんで入ったんだね。

後で知ったが、キレット小屋のテントを張った部位は
夏はコマクサが咲くらしい。
ごめんよ、張っちゃった、知らなかったよ。

今日のブランディーは格別な味だったね。
d0034291_12305690.jpg

by tokibonkiyobon | 2009-05-06 11:20 | やまやま

水中デジカメ写真


by tokibonkiyobon
プロフィールを見る